子ども視点の社会へ +Action for Children

理事紹介director


代表理事:高畑紀一(Norikazu Takahata)

神奈川県予防接種研究会委員(現職)、厚生労働省予防接種部会参考人、厚生労働省新 型インフルエンザ対策検証会議参考人等。
子どもがヒブ(インフルエンザ菌b型)による細菌性髄膜炎に罹患した経験から、我が国のワクチンギャップ解消や各種予防接種の定期接種化を求め活動。
保護者の立場から予防接種とどう向き合うのかをテーマに情報発信を続ける。 また、イクメントークショー等、子育て分野でも講演。 「ムコネットTwinkle Days 命耀ける毎日 稀少難病と向き合う患者家族と理解者たちの 輪番日記」で毎週木曜日にブ ログを執筆中。 「huffingtonpost(ハフィントンポスト日本語版)」や「MRIC by 医療ガバナンス学会」への記事掲載も多数。


理  事:細部千晴(Chiharu Hosobe)

小児科医、細部小児科クリニック院長。2000年に文京区にて開業。
自らも2人の子育てをした経験から、母と子のカウンセリングルーム、スキンケアやアレルギー教室、禁煙支援教室、出産前後小児保健指導などに力を入れている。
クリニック3Fで 「子育て支援広場 ポケットランド」を運営。 母親を中心に交流や学びの場を提供し地域の子育てを応援し ている。NHKラジオ『すっぴん!』の「こそだてカフェ」へコメンテーターとして2015年3月まで出演。 出版物に、「この1冊であんしん はじめての育児事典(朝日新聞出版):監修」「育児 の悩みをラクにするBOOK(成美堂出版):共著」
赤ちゃんがパパとママにやってもらいたい58のこと
学校では教えない できる子をつくる74の新習慣
ライオン歯科衛生研究所 (編)
等あり。


理  事:吉川恵子(Keiko Yoshikawa)

社会福祉士、ワクチンパレード実行委員長。 2010年より「希望するすべての子どもたちにワクチンを!」をテーマにパレード を主催、2015年で6回を数える。当会の渉外を担当し、幅広い人脈を有するとともに、 市民セミナーや議員会館内の学習会、各種学会等での患者会のブース展示など様々な企 画・イベントの運営経験を有する。また、社会福祉士の立場から、障がい者支援団体の 活動等にも携わる。




 ●理事への講演依頼は、info@plus-afc.comまでお願いします。



+Action for Children

〒113-0031
東京都文京区根津2-14-11
     Tツインビル3階
 TEL 090-6104-1840